TOP(科学館について) > 博物館実習 > 博物館実習のあらまし

博物館実習のあらまし

名古屋市科学館で実施する博物館実習の概要です。(平成29年4月現在)

名古屋市科学館(以下、当館)では、学芸員資格の取得をめざす方のために、 博物館法施行規則第1条に定められた博物館実習(以下、実習)を行っております。

目的

この実習は、生涯学習の場である当館の役割を理解し、生涯学習の手法について 学び、学芸員としての知識・技能・態度を身につけていただくことを目的としています。

対象

以下の全ての条件を満たす者とします。

  1. 自然科学系専攻の大学生または大学院生(以下、在学生)、もしくは自然科学系の学士の資格を有する者(以下、既卒者)で学芸員資格の取得をめざす者。
    人文科学・美術等の専攻の者は不可。
  2. 実習受講時4年生以上(大学院を含む)もしくは既卒者で学芸員資格取得のため大学に在籍し、「博物館実習」の科目を受講している者。
  3. 現在在籍する大学より推薦される者。
  4. 実習の取り組みのための十分な意欲・熱意・創造力を持ち、原則として全日程参加できる者。
  5. 「博物館に関する科目」のうち、「博物館実習」以外のすべての科目を実習開始までに単位取得済み、もしくは取得見込みの者。
  6. 昭和57(1982)年4月2日以降生まれの者。

詳細は「各年度の博物館実習」をご覧ください。

▲ページ先頭へ