TOP(科学館について) > 科学館について > 施設概要

施設概要

施設や設備について紹介します。

概要

当館は昭和37年に「天文館」、昭和39年に「理工館」、平成元年に「生命館」を開館した。
天文館と理工館は平成22年8月をもって閉館し、改築整備を進めてきた新館を含めた新たな施設となった。
改築後の科学館も従来と同じ天文館、理工館、生命館という3館で構成している。
個々の概要は次のとおりである。

理工館 エントランスがあり最初に入る施設。
2階から6階までが常設展示室、地下に特別展示等を開催するイベントホール、7階に天文台がある。
常設展示室では、こどもたちの科学的な気づきを促す展示から、最先端科学を扱った展示があり、 分野も科学・技術全般に幅広く取り扱っている。
通常の展示品の他、2階層の吹き抜けを用いた大型展示品も整備した。
天文館 主に球体の施設部分であり、4階から6階までのフロアで構成されている。
4階は実演を行うステージ、5階は常設展示室、6階にプラネタリウムがある。
プラネタリウムでは、幼児を含む幅広い年齢層を対象に、単に憧れとしての星空を眺めるだけではなく、 天文知識や現象を正確に伝え、さらに、本当の星空にまで興味が広がるような、番組構成・解説を行っている。
生命館 平成元年に開館。2階から5階までが常設展示室。
1階は休憩室で、地下にサイエンスホールがある。
展示では、生命とは何か、あらゆる角度から、この問いを総合的に解明しようとする生命科学。
この生命科学をテーマに「生命」「生活」及び「地球」の三つのグループを設定して、この地球という惑星の上で、 人類が豊かで健康な暮らしをするための問いかけをしている。

▲ページ先頭へ

仕様

(単位「m²」は、平方メートル)
区分 全館 理工館・天文館 生命館
建築面積 4,263.62m² 3,063.80m² 1,199.82m²
延床面積 22,551.32m² 15,735.19m² 6,816.13m²
構造 -

鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造

地上7階、地下2階

鉄骨鉄筋コンクリート造

地上6階、地下2階
常設展示室 10室 約7,400m² 6室 約5,200m² 4室 2,200m²

▲ページ先頭へ

主要施設・設備

生命館

仕切り線
B2F サイエンスホール
440m² [320席]
1F 休憩室
385m² [170席]
1F 多目的室
51m² [42席]
6F 学習室
102m²
6F 第2実験室
120m² [36席]
6F 工作室
77m² [24席]

理工館

仕切り線
B2F イベントホール
777m²
1F 情報資料室
97m²
3F 休憩室
251m² [84席](うちベビールームが12m²)
6F 第1実験室
115m² [48席]
7F 休憩室
187m² [96席]
7F 天文台
87m²
7F 星のひろば
626m²

天文館

仕切り線
4F サイエンスステージ
173m² [66席]
6F プラネタリウム
803m² [350席]

無料エリア

仕切り線
1F レストラン
157m² [70席]
1F ミュージアムショップ
104m²

▲ページ先頭へ

エスカレーター

地下2階から地上6階にエスカレーターを設置しているが、3階休憩室に面するエスカレーターに限っては、本体の側面にガラスパネルを採用することで、内部構造が見られるようにしている。

▲ページ先頭へ

制振ダンパー

地震などによる建物の揺れを抑えるために、制振ダンパーを随所に採用している。
制振ダンパーの一部は室内からも見られるとともに、1階の北側外壁面にはショーウィンドウのように制振ダンパーだけを見せる場所を1箇所設けている。

▲ページ先頭へ