TOP(科学館について) > 科学館について > あらまし

あらまし

科学館の沿革です。

沿革

月 日 できごと
昭和33年 9月25日 科学館建設調査委員会 初会合
昭和35年 12月16日 第1期工事(天文館) 建設 着工
昭和36年 1月11日 第1期工事(天文館) 起工式 開催
昭和36年 11月1日 科学館開設準備室 設置
昭和37年 8月10日 市立名古屋科学館条例公布・施行
清水勤二 初代館長に就任
昭和37年 10月31日 第1期工事(天文館) 完成
昭和37年 11月1日 開館式
昭和37年 11月3日 天文館 一般公開
昭和38年 6月29日 第2期工事(理工館) 建設着工
昭和39年 6月1日 名古屋市長 杉戸清 2代目館長に就任 (兼任)
昭和39年 10月3日 第2期工事(理工館) 完成
昭和39年 11月1日 理工館 一般公開
昭和40年 6月16日 久垣中陽 3代目館長に就任
昭和42年 4月1日 博物館相当施設に指定
昭和46年 5月1日 今城栄次郎(助役・事務取扱) 4代目館長に就任
昭和47年 1月10日 佐藤知雄 5代目館長に就任
昭和47年 4月1日 総務局から市民局へ移管
昭和47年 11月1日 開館10周年記念式典 開催
昭和50年 10月11日 カリフォルニア科学産業博物館と姉妹博物館提携
昭和53年 8月20から24日 国際プラネタリウム館長会議(IPDC)開催
昭和55年 4月1日 市民局から教育委員会へ移管
昭和56年 11月21日 西館建設調査委員会 初会合
昭和57年 11月1日 開館20周年記念事業 (展示室無料開放・特別講演会・特別映画会・蓄電池式電気機関車運転)開催
昭和60年 1月20日 入館者1,000万人達成
昭和60年 3月20日 65cm反射望遠鏡設置
昭和61年 4月1日 岡田博 6代目館長に就任
昭和61年 9月3日 生命科学館(仮称) 建設着工
昭和63年 11月30日 生命科学館(仮称) 完成
昭和63年 12月2日 シンボルマーク・マスコットキャラクターを設定
平成元年 4月28日 生命館開館記念式典 開催
平成元年 4月29日 「市立名古屋科学館」を「名古屋市科学館」と名称変更
生命館 一般公開
平成元年 4月29日 名古屋市科学館協議会設置
平成2年 1月22日 博物館登録
平成4年 11月1日 開館30周年記念式典 開催
平成5年 1月1日 樋口敬二 7代目館長に就任
平成7年 2月4日 入館者1,500万人達成
平成6年 4月1日 中学生以下の常設展観覧料無料化
平成12年 3月14日から16日 アジア太平洋地域科学館協会総会等開催
平成12年 11月11日 入館者2,000万人達成
平成14年 11月1日 開館40周年記念事業 (特別展・講演会等)開催
平成15年 3月27日 フランス国パリ市「発見の宮殿」と交流計画に関する合意書に調印
平成17年 4月1日 岡田大(教育長・事務取扱) 8代目館長に就任
平成18年 4月1日 柳田博明 9代目館長に就任
料金体系変更(高校・大学生料金、定期観覧券の導入)
平成18年 12月1日 岡田大(教育長・事務取扱い)10代目館長に就任
平成19年 4月1日 石丸典生 11代目館長に就任
平成20年 10月1日 新館工事着工
平成21年 5月26日 入館者2,500万人達成
平成23年 3月19日 新館一般公開
平成23年 4月1日 国立極地研究所と相互協力協定を締結
平成23年 11月6日 新館グランドオープン
平成23年 12月12日 世界最大のプラネタリウムとしてギネス世界記録に認定
平成24年 3月19日 名古屋大学理学部と相互協力協定を締結
平成24年 5月1日 名古屋大学情報文化学部と相互協力協定を締結
平成24年 7月18日 JAXA(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)と相互協力協定を締結
平成24年 11月3日 開館50周年記念式典および記念事業(講演会・コンサート等)開催
平成25年 3月26日 名古屋大学博物館と相互協力協定を締結
平成25年 4月1日 益川敏英 名誉館長就任
平成25年 9月29日 中京大学人工知能高等研究所と相互協力協定を締結
平成26年 1月19日 入館者3,000万人達成
平成26年 4月1日 纐纈満 12代目館長に就任
平成28年 3月29日 名古屋市立大学との連携協力覚書を締結

▲ページ先頭へ