TOP(科学について調べる) > 地球温暖化 > 地球温暖化ってなに?

地球温暖化ってなに?

地球温暖化といえば、地球上の気温が上がってしまうことだよ、と言ってしまえばそれまでですが、ただ気温が上がって暖かくなるだけではありません。
気温が上がると次のような現象が起こるだろうといわれています。

  • いままで作っていた作物が出来なくなって飢饉を引き起こす。
  • 地球上の風の流れが変わり、各地で洪水や干ばつが発生する。
  • 極の氷が融けだして海面が上昇し、いままで住んでいたところが水没する。
  • 逆に成層圏(高度十数キロ~数十キロ)では寒冷化が起こり、北極・南極の成層圏では特別な雲の発生が多くなり、 オゾン・ホールの規模を拡大させてしまう。

そしてこの問題の怖いところは、温暖化による人類への影響がはっきりした時にはもう取り返しのつかないことになっている、ということです。

また、このような現象の予想される規模も計算されていますが、「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)に報告された科学者のレポートでは、「地球の気候システムの複雑性を考えると一度温暖化が進むと他の要素も温暖化を促進させる効果をもつので、その変動予想の値は上回ることはあっても下回ることはないのではないか。」という意見が出されています。

さらに心配されているのは、予想される規模はこれまでの人類の体験したことだけから推定されたものであり、未知のメカニズムによって最悪の事態を迎える可能性があることは、オゾン・ホールの例から明らかである、ということです。

▲ページ先頭へ