TOP(科学について調べる) > 地球温暖化 > どのくらい気温が上がるの? > 二酸化炭素の増加率がこのままなら日本の気温は...

二酸化炭素の増加率がこのままなら日本の気温は...

下の図は

  • これからも二酸化炭素の放出が年々増加する場合(年に1%)
  • これから将来は二酸化炭素の放出が現在の量から変わらない場合

という2つの場合を想定して気温の変化ををコンピューターで計算し、その2つの結果を差し引きして比較した、日本の気温分布を示しています。

これから今まで通り、二酸化炭素の放出量が次第に増えることで、

  • 赤い色で示される地域ほど、より温暖化が進みます。
  • 青い色で示される地域は、二酸化炭素の放出が増えることで逆に温暖化が遅れます。

左に表示されている色と数字が気温変化に対応しています。
例えば赤色なら気温変化が5~6度、という具合です。

31-40年後

31-40年後 凡例

51-60年後

51-60年後 凡例

71-80年後

71-80年後 凡例

91-100年後

91-100年後 凡例

このように日本全国で、「これから将来は二酸化炭素の放出が現在の量から変わらない場合」に比べ、 「これからも二酸化炭素の放出が年々増加する場合」の方が温暖化が進みます。
ですがここで述べた傾向を逆に考えれば、

現状のように毎年二酸化炭素の放出を増やしていくのを止め、いまの放出量を越えないように活動を行っていくだけでも、図に示されるくらいは気温の増加を遅らせることが出来るのです。

▲ページ先頭へ