名古屋市科学館

科学館を利用する > プラネタリウム > プラネテーマ > 幼児投影

幼児投影

名古屋市内および近郊の、幼稚園・保育園等の年長児を対象におこなっている投影です。

名古屋市内および近郊の、幼稚園・保育園等の年長児を対象に行っている投影です。
毎年3万人近い参加があり、事前にお申し込みいただいた園の中から、抽選で見学日時の割り振りを行っています。
5月中旬から7月中旬までと、2月下旬から3月上旬の午前中を中心に実施します。

お申し込みは、下記「幼児投影の実施について(ご案内)」をダウンロードしていただき、申込書をご郵送ください。
申し込み締め切り後も空席がある場合は随時受け付けております。

PDF2020年度 幼児投影の実施について(ご案内)(PDF:607 KB)
PDF2020年度 幼児投影注意事項(PDF:179 KB)

幼児投影のプログラム

5月中旬から7月中旬
「たのしいたなばた」
今夜みられる星を探したり、七夕の歌を歌ったり、宇宙旅行に出かけたりします。
2月下旬から3月上旬
「たのしいほしまつり」
今夜みられる星を探したり、ふたごのほしのお話を聞いたり、流れ星を眺めたりします。

ページ先頭へ