名古屋市科学館

TOP(科学館を利用する) > 催し物案内 > イベント > 第17回 坂田・早川記念レクチャー

第17回 坂田・早川記念レクチャー

  期 間 : 2019/01/26(土)~ 2019/01/26(土)

「消えた真空エネルギー」

内容

素粒子理論の広い分野で優れた研究業績を挙げてこられた九後 太一氏をお招きします。

素粒子物理では、真空にも「場」と呼ばれる量が満ちていて、エネルギーが存在すると考えられています。

宇宙を加速膨張させているダークエネルギーの正体として、この真空エネルギーが有力視されていますが、観測されるダークエネルギーの大きさは素粒子理論から見積もられる真空エネルギーの大きさよりも1兆分の1兆分の1兆分の更に1兆分の1くらい小さなものとなっています。

真空エネルギーはどこかに消えてしまったのでしょうか?

講演では、現代素粒子理論の根幹をなす「標準理論」を解説しつつ、真空エネルギーの謎について詳しくお話しいただきます。

第17回 坂田・早川記念レクチャーのサイトはこちら

http://www.phys.nagoya-u.ac.jp/SakataHayakawa/

日時

平成31年1月26日(土曜日)

開場

午後1時30分

開演

午後2時

終了予定

午後5時

会場

名古屋市科学館 生命館 地下2階 サイエンスホール

講師

九後 太一 氏

(京都大学名誉教授、京都産業大学理工学部客員教授/益川塾副塾頭)

主催

名古屋大学大学院 理学研究科

名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構

名古屋市科学館 

対象

高校生以上

定員

300人

参加費

参加には科学館の観覧料が必要です。

申込・問い合わせ

下記、第17回 坂田・早川記念レクチャーのサイトをご覧ください。

http://www.phys.nagoya-u.ac.jp/SakataHayakawa/

申込締切

平成31年1月7日(月曜日)

定員を超えた場合には抽選(学生・教員を優先いたします)

募集チラシ

PDF 第17回 坂田・早川記念レクチャー(pdf 2,756KB)

sakatahayakawa2018.jpg

▲ページ先頭へ