TOP(科学館を利用する) > 催し物案内 > イベント > 第13回 坂田・早川記念レクチャー

第13回 坂田・早川記念レクチャー

  期 間 : 2015/03/14(土)~ 2015/03/14(土)

「核力の研究をたどる -湯川の中間子論から格子ゲージ理論まで-」

2015年は世界の素粒子論の礎となった湯川理論誕生80年、坂田模型誕生60年です。
これを記念して、日本を代表する原子核・ハドロン理論物理学者の矢崎紘一先生をお招きします。

詳しい内容等は下記の講演会ホームページからどうぞ

http://www.phys.nagoya-u.ac.jp/SakataHayakawa/index.html

日時

平成27年3月14日(土)

開場 午後1時30分

開始 午後2時

終了(予定)午後4時30分

場所

名古屋市科学館サイエンスホール

講演者

矢崎 紘一 氏(東京大学名誉教授 / 理化学研究所客員主管研究員)

対象

高校生以上

定員

300名 (申し込み制、多数の場合は抽選)

参加には科学館の観覧料が必要です。

申込み

インターネットのみで受け付けています。

詳しくは講演会ホームページから

http://www.phys.nagoya-u.ac.jp/SakataHayakawa/index.html

申込締切

先着順に受け付けています。定員に達し次第締め切ります。

主催

名古屋大学大学院理学研究科

名古屋市科学館

 

坂田・古川記念レクチャーチラシ.png

 

▲ページ先頭へ