名古屋市科学館

TOP(科学について調べる) > 天文情報 > 天文ニュース > 金星が見頃です_2019-2020

金星が見頃です_2019-2020

venus_2019.jpeg

上の図は日の入りから30分後、ちょっと暗くなってきて金星が見え始める位置です。金星の明るさはマイナス4等級と並の1等星の100倍もの明るさがあり、夕焼けに染まった明るい空をバックに、チカッと白く輝いて見えてきます。

この頃の日の入りは18時頃です。そこで、金星の見え始めは18時過ぎになります。晴れたらぜひ、お見逃しなく。

 

 

上の動画は太陽と地球を基準とした金星の満ち欠けのしくみを表したものです。金星は月と同じように太陽に照らされて光っています。月よりもずっと遠いので肉眼では鋭い点ですが、望遠鏡を使うと満ち欠けしている姿を見ることができます。 

 

 

venus_2019-2020_phase.jpeg

上の図は、2019年から2020年にかけての地球と太陽に対する金星の位置と、それによる満ち欠けを表したものです。2020年6月4日を境に、宵の明星から明けの明星に移ります。

 

 

hiruhoshi_2019-2020.jpeg

名古屋市科学館では、開館時間中に屋上天文台を公開し、晴れた日には昼間の星を見ていただいています。この期間の金星の形は下の図のようになります。昼間の星をみる会についてはこちらも御覧ください。

  

venus_2019-2020.jpeg

▲ページ先頭へ