名古屋市科学館

科学館を利用する > 利用案内 > お知らせ > 極寒ラボを再開します!

極寒ラボを再開します!

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から長らく極寒ラボを休止しておりましたが、このたび、感染防止対策を徹底した上で極寒ラボを再開します。

新型コロナ感染症対策と極寒ラボ

<換気>

厚生労働省の定める換気の基準は30CMH/人(1人1時間あたり30立方メートル)となっています。極寒ラボの空調設備の換気能力は300CMHで設計されていますので、1時間あたり10人までであれば基準を満たします。これにより、1時間に10人までの体験としています。

<防寒着>

防寒着は、抗菌・抗ウイルス薬剤によりコーティングを行っています。ご利用は自由です。
なお、長靴の貸出はありませんのでご注意ください。

展示物について

従来は氷の実物などを触れる展示として公開しておりましたが、さわらずに見るだけの展示としてご案内します。

再開日

令和3年11月9日(火曜日)

体験時刻

1日6回、各回約20分
午前10時、午前11時、午後1時、午後2時、午後3時、午後4時

定員

各回10名

厚生労働省の基準と極寒ラボの空調換気能力の制限により厳格に10名とさせていただきます。友人や家族など、まとまってお入りいただけるとは限りません。ご了承下さい。

運営方法

整理券配布

午前10時、午前11時の回:開館時から配布します。
午後1時〜午後4時の回:午後0時30分から配布します。
配布場所は理工館5階北側通路・極寒ラボ横です。配布開始まで間隔を空けてお並びいただきます。

体調等について

体調不良の方は入室できません。また、入室は自己責任です。入室によって起こるいかなる体調不良も、当館では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

消毒等のお願い

マスクの着用、整理券配布及び入退室時の手指の消毒などをお願いします。

公開休止について

新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、予告なく極寒ラボの体験を再度休止することがあります。
その場合でも、観覧料の払い戻しはできませんのでご了承ください。

ページ先頭へ