TOP(科学館を利用する) > プラネタリウム > プラネテーマ > 一般投影 > 一般投影プログラム【2015年】 > 1月「太陽系の果て」

1月「太陽系の果て」

2006年、冥王星が惑星の仲間から外され、新たなグループに分類されました。観測技術の進歩によって、太陽系の果てに、冥王星と似たような天体が大量に見つかったからです。


一般投影プログラム(年別)

▲ページ先頭へ