名古屋市科学館

TOP(科学館を利用する) > 催し物案内 > イベント > 生命の源としくみを探る  名古屋市立大学×名古屋市科学館サイエンスパートナーシップイベント

生命の源としくみを探る  名古屋市立大学×名古屋市科学館サイエンスパートナーシップイベント

  期 間 : 2021/11/03(水)~ 2021/11/03(水)

内容

名古屋市立大学の理系教員と名古屋市科学館の学芸員が、「生命科学」の魅力を伝えるとともに、名市大での最先端の研究や国内有数の規模を誇る科学館の魅力を紹介します。

研究者と直接対話ができる特別プログラムです。

 

特別講演

・ウイルスや細菌が起こす病気を解決する(名古屋市立大学 大学院医学研究科 教授 奥野 友介)

・単細胞生物から学ぶ異常タンパク質の処理機構(名古屋市立大学 大学院理学研究科 准教授 中務 邦雄)

・生命の起源を宇宙から探る(名古屋市科学館学芸員 小林 修二)

 

 特別企画

・展示室見学

講演終了後、科学館の展示室を自由に見学していただけます(再入館可)。

・プラネタリウム一般投影「国際宇宙ステーション」観覧

午後4時40分から午後5時30分までの投影回のみ観覧いただけます。

 

日時

令和3年11月3日(水曜日・祝日)

午後1時から午後5時30分(午後0時30分受付開始)

 

会場

名古屋市科学館 生命館地下2階 サイエンスホール

 

講師

名古屋市立大学 大学院医学研究科

奥野 友介 教授

名古屋市立大学 大学院理学研究科

中務 邦雄 准教授

名古屋市科学館学芸員 

小林 修二

 

対象             

高校生 (中学生・同伴の保護者も参加可能) 

                                                                                                                                                           

定員

120名 要申込み(先着順) 

参加費

無料

(特別講演の受講証の提示で科学館展示室及びプラネタリウム観覧料(午後4時40分からの投影回のみ)も無料になります)

 

応募方法

メール、電話、FAXで受付いたします

件名に、「生命の源としくみを探る」、本文に、

参加者全員の氏名(ふりがな)、学年、年齢、返信先メールアドレス、電話番号を記載のうえ、下記まで送信してください。

(保護者同伴である場合は、どなたが保護者であるか明記して下さい。)

 yama-science(アットマーク)sec.nagoya-cu.ac.jp

※上記(アットマーク)を半角記号"@"に置き換えて下さい。

 

申込締切

10月27日(水曜日)必着

受付後、参加票をお送りします。

※定員に達し次第締め切ります。

申込先・問い合わせ

467-8501

名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1

名古屋市立大学 山の畑事務室

TEL 052-872-3461

FAX 052-872-1531

https://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/news/20211103event/

募集チラシ

こちらをご覧ください。

生命の源としくみを探る.pdf

▲ページ先頭へ