TOP(科学館を利用する) > 催し物案内 > イベント > 病院の機械を操作してみよう!~いのちのエンジニア体験~

病院の機械を操作してみよう!~いのちのエンジニア体験~

  期 間 : 2017/10/21(土)~ 2017/10/22(日)

第3回 病院の機械を操作してみよう!~いのちのエンジニア体験~

 

病院には多くの機械が患者さんの”いのち”のため活躍しています。

その機械を管理・操作しているのが「いのちのエンジニア(臨床工学技士)」です。

医療機器管理室、透析センター、手術室(オペ室)、集中治療室(ICU)を再現した4つのブースで普段は見ることのできないいろいろな機械を実際に見て操作して、「いのちのエンジニア体験」をしてみませんか。

 

※操作の体験等には整理券が必要なものがあります。詳しくは決まり次第ご案内します。

日時

平成29年10月21日(土曜日)

午前9時30分から午後5時

平成29年10月22日(日曜日)

午前9時30分から午後4時

 

科学館入館は午後4時30分まで

会場

名古屋市科学館 理工館 地下2階 イベントホール

内容

4つのブースで体験を実施、また医療機器の展示と説明も行います。

 

※ ★印の体験は整理券が必要です。●印の体験は整理券が不要となっています。

※ 4つのブースとAED・心臓マッサージ体験コーナーでは、ミニドラマを(各回 約10分)行います。

※ 詳細は当日配布のMAPをご覧ください。

医療機器管理室
体験

★薬液注入ポンプ修理体験(医療機器を解体してみよう!)

★生体情報モニタ測定体験(自分の体の数値を見てみよう!)

★電気メス点検・操作体験(電気メスでリンゴを切ってみよう!)

●人工呼吸器設定変更体験

●電動ドライバー体験

●機器管理バーコード読み取り体験

展示

薬液注入ポンプ、生体情報モニタ 、低圧持続吸引器、医療機器管理システム など

ミニドラマ

●「臨床工 学(りんしょうこう まなぶ)の事件簿」

透析センター
体験

★針刺し体験(透析針を腕の模型にさしてみよう!)

★超音波画像体験(自分の血管が透けてみえる!?)

★透析装置分解/組立体験(作ろう!透析装置!)

●血管透視体験

●ジュース濾過体験

●超音波エコー体験

展示

血液透析装置、人工腎臓 、水処理装置、模擬血管・透析針、体組成計 など

ミニドラマ

●「透析室の日常 ~透析ってなぁに?~」

手術室(オペ室)
体験

★内視鏡装置体験(内視鏡手術!アメを取り出してあげよう!)

★人工心肺体験(心臓の代わりをするポンプってどんなモノ?)

★マイクロ波凝固体験(まんまる白身のボールを作ってみよう!)

●遠心ポンプ体験

●内視鏡点検体験

展示

ミニ手術室、人工心肺装置、手術台、麻酔器、人工弁・手術道具 など

ミニドラマ

●「心臓手術最前線 ~CEが命のためにできること~」 

集中治療室(ICU)
体験

★人工呼吸器体験(人工呼吸器の勢いを感じてみよう!)

★心臓補助装置体験(自分の心臓の動きを見よう!心臓を助ける風船をさわろう!)

★ブタの肺の呼吸観察(実際の肺を見て!さわってみよう!)

●フットポンプ体験

●痛くない体内数値測定体験

展示

人工呼吸器、心臓補助装置、除細動器、持続式血液透析濾過装置 など

ミニドラマ

●「命を救え!! ICU戦隊スクウンジャー」

その他のイベント
ガイドツアー

★ガイドと一緒に各ブースをめぐり、最後にミニドラマ最前列での観覧特典付き!(どのブースのミニドラマが見られるかは当日発表

AED・心臓マッサージ体験

●実際に人形で心臓マッサージ行い、AEDを装着させるなど臨場感ある体験!

ミニドラマ

●「遊んでいたら、友だちが急に!!」

実際の手術着(スクラブ)を着ての写真撮影

●本物の手術室で使用されている医療機器と一緒に医療スタッフになりきっての記念撮影!

(先着300名にその場で写真をプレゼント!)

いのちのエンジニア スタンプラリー

●すべてのミッションクリアめざして科学館内を探検!

(すべてクリアした先着300名には記念品をプレゼント!)

人の構造と機能や機械に関する豆知識講座

●次の日、友だちに少しだけ自慢できる豆知識が・・・。プレゼントがもらえるかも!

特殊な医療機器の展示

病院で働いている人でもめったに見ることができない機器を展示

マスコットキャラクター「シープリン」登場!

当日は、日本臨床工学技士会(JACE)マスコットキャラクター「シープリン」が館内に登場します。

場所・時間は当日のお楽しみです。

仁愛、博愛の象徴である羊の『シープ』 と 臨床工学技士の『りん』を合わせて、シープリンです!

!cid_89F70FC1-13DC-4516-AEAF-4CDB4AC07447@scim_ncsm_city_nagoya.jpg!cid_2FB62E2B-7956-47A7-8F30-7460C2B75F40@scim_ncsm_city_nagoya.jpg

頭(うしろ)の角がネジ頭 ・尻尾がプラグです。

 

シープリン写真2.jpg 

シープリンについては、こちら。

http://ja-ces.net/soshiki/?page_id=729

対象

入館者 

参加費

無料

(ただし、高校生以上は観覧料が必要です。)

整理券配布について

【準備中】

主催

一般社団法人愛知県臨床工学技士会

名古屋市科学館

後援

愛知県、愛知県教育委員会、名古屋商工会議所、公益社団法人愛知県看護協会、中日新聞社、東海医療科学専門学校、藤田保健衛生大学、中部大学、名古屋医専、鈴鹿医療科学大学、公益社団法人日本臨床工学技士会、中部臨床工学技士連絡協議会

お問い合わせ

第3回いのちのエンジニア体験事務局

電話

050-3568-2122(専用)

受付時間 平日および10月21日(土曜日) ・22(日曜日)午前9時から午後5時30分

FAX

052-832-5375(愛知県臨床工学技士会事務局)

いのちのエンジニア体験公式サイト

http://ai-ces.jpn.org/ce-taiken/

Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/1425137930914179/?ti=cl

愛知県臨床工学技士会公式サイト

http://www.aice.gr.jp/

チラシ

第3回病院の機械を操作してみよう

PDF チラシ表(pdf 1,187KB)

PDF チラシ裏(pdf 861KB)

その他

報道関係の皆様

取材等のお申し込みは、できる限りイベント前日までに第3回いのちのエンジニア体験事務局までお願い致します。

▲ページ先頭へ