TOP(科学館を利用する) > 催し物案内 > イベント > かがくゼミナール「タンポポから考える生物多様性」

かがくゼミナール「タンポポから考える生物多様性」

  期 間 : 2015/04/29(水)~ 2015/05/30(土)

日時 

第1回 平成27年4月29日(水曜日・祝日) 午後1時30分から午後3時30分

第2回 平成27年5月30日(土曜日) 午前10時から午後4時

会場 

名古屋市科学館 実験室

内容

タンポポには、日本に昔からあった「ニホンタンポポ」と明治以降外国からやってきて日本に定住した「帰化タンポポ」があります。最近、遺伝子分析からニホンタンポポと帰化タンポポの「雑種タンポポ」がたくさんできていることがわかってきました。
雑種って何だろう? どうやって雑種ってわかるんだろう?
タンポポを観察したり、遺伝子を調べて生物多様性について考えてみましょう。

1回目は、現在のタンポポ事情についてのお話と野外での観察・採集のしかたを説明します。
2回目は、採集したタンポポのDNAを抽出して分析する実験を行います。

講師

渡邊 幹男さん (愛知教育大学教授)

参加費 

大人(高校生以上)670円

小中学生 370円

募集対象(事前申し込み制)

小学生以上 32名

・ゼミナールを2日とも参加できる方。
・小学生は必ず保護者といっしょに参加応募してください。

申込方法
往復はがき

参加者全員の氏名・年齢(または学年)、郵便番号、住所、電話番号、返信面に返信住所氏名を記入し下記に送ってください。

〒460-0008

名古屋市中区栄二丁目17番1号

名古屋市科学館「タンポポから考える生物多様性」担当

インターネット

パソコン用 https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/

携帯電話用 https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/m/

締切

4月15日(水曜日)必着。応募者多数の場合は抽選。

 

▲ページ先頭へ