TOP(科学について調べる) > 科学Q&A > ちりなどで濁った空気に光があたると、光の通り道が見えますが、この現象は何か名前がついていますか?

Q.ちりなどで濁った空気に光があたると、光の通り道が見えますが、この現象は何か名前がついていますか?

物理 / 光

A.
霧や煙、ほこり、水中の泥やミルクなどに光が当たって道筋が見えるのを「チンダル現象」といいます。
19世紀に、イギリスの物理学者、ジョン・チンダルによって発見されたのでこの名前がついています。

回答者:小塩

▲ページ先頭へ