TOP(科学について調べる) > 科学Q&A > 赤ちゃんのからだは、何でできているんですか?小学生のわたしと、ちがうんですか?

Q.赤ちゃんのからだは、何でできているんですか?小学生のわたしと、ちがうんですか?

生物 / 人体

A.
ヒトのからだで一番多いのは水分(体液)で、おとなでは体重の60%くらいの重さです。
そのほかの物質で目立つものとして「タンパク質」があります。
脳や筋肉、皮膚、目、そのほかからだ中にタンパク質があります。
骨や歯にはカルシウム、内蔵や血液には鉄分も含まれています。そのほかにもいろいろな成分でヒトのからだはできています。
私たちはこれらの成分を作るために、食べ物からいろいろな栄養素をからだにとりいれています。
学校給食の献立表などを見てみると、どんな栄養素があるかわかるでしょう。
なお、赤ちゃんは生まれてから1年で体重が約3倍になります。
小学生のみなさんも、からだがどんどん大きくなる時期ですから、必要な食べ物の種類はあまりかわりません。
いろいろなものをバランスよく、特にタンパク質やカルシウム、鉄などが不足しないようにしてください。
(参考:日本大百科全書)

回答者:堀内

▲ページ先頭へ